前回の続き。。

『タイ大使館・領事部』は溢れんばかりのビザ申請者

いや、実際は溢れ出している(苦笑)

代筆屋は「このままでは今日の申請は難しい」と言う
※代筆屋(代書屋)・・・以下、代

俺「(ヤバいな。。)」

代「なぁ、俺サン。。これ見てみ(小声)」

代筆屋は一枚の紙を机の下からコッソリ俺に見せた

代「これな、今日の申請分の整理券や」

俺「!?」

代「俺サン、コレ欲しくないか?」

俺「いや、そりゃ欲しいけど。。」

代「1,000バーツ、どや?」

俺は迷った

その整理券?には「No.14」と書いてある

列を見た感じでは軽く2~300人は並んでいるだろう

ビザ受け取りは明日の午後13時30分から申請順なので
300人の順番待ちとなると、かなり遅くなるのは確実

しかも明日の夕方は帰国便もチケット予約済

ビザの受け取りにもたついている様では
帰りのフライトに乗り遅れてしまう

受け取りが遅くなり17時を越えた。。なんて
ネット情報でも見ていたので焦りが増す

そもそも時間切れで申請自体が明日になるかも?
なんて代筆屋は言っているし。。

【俺脳内】
んーーーーー。どうする、どうしたらいい?
ここで整理券を譲ってもらって最前列に行くか。。
でもこの「No.14」も怪しいもんだ、これ本物か?
どことなく胡散臭いオッサンだしなぁ。。
いざ申請って時に係員から「何ですかこれ?偽物ですね」
「一番後ろに回って」とか、最悪「逮捕します」とか
なるんじゃねぇの? それが原因でタイ入国禁止とか
最悪は強制帰国とかなっても誰も責任とってくれん汗
でも代筆屋もここでこれからもこの仕事をする限りは
逃げも隠れもできないし本物なのは間違いない
それにしても微妙な値段設定だなぁ

代「悪いことは言わん、1,000バーツで時間が買える」

俺「。。。」

代「他のヤツらみたいにボサーっと並んでる時間を
  俺サンは観光する時間に変えるんだ(ニヤリ)」

俺「。。。」

代「どやっ?ええ話やろ?」

俺「。。いえ、今回は通常パターンで行きます」

代「そうか。。」
 「俺サン、後悔するなよ。これは違う人に譲る」
 「じゃあ、代筆料100バーツね」

100バーツを渡すと代筆屋が言った。。

「サンキュ。また今度な!」

俺「(もう来ねーよw)」


そして俺は列の最後尾に並んだ

定刻8時30分の受付開始、列はゆっくりと前に進みだす

俺の後ろにも数十人並んでいることを勇気に変え
猛暑の中、約3時間後に無事申請は完了した

整理券番号「No.231」


あの代筆屋の整理券が本物なら1,000バーツは安かった

※タイ大使館には開門前の6時半に行って並ぶべし!
IMG_5036
ブログランキングに参加しましたので応援よろしくお願いします
ここには同じタイ関連の面白いブログがたくさんあります
ポチっと→
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
ポチっと→


第一話から読んでいただくにはコチラ→
一話あたり一分程度で読めますので是非御覧ください