韓国巻きずし「キンパ」をご馳走になり本社へ到着

大阪で採用面接をしてくれたキム部長が出迎えてくれた
参照ポチ→
※キム部長・・以下、キ部

キ部「俺さん!お久しぶりです!」

俺 「ご無沙汰してます。お元気ですか?」

久々の再会にがっちり握手

キ部「インドネシアで大変だったそうですね(笑)」

俺 「ご心配お掛けしました(苦笑)」

キムさんやキム部長の居る本社へは
全てをウィークリーリポートで報告するので
タイ支社のことは何でもわかっている

話は反れるが。。

迎えに来てくれた「キムさん」
大阪で面接した 「キムさん」
その他大勢会社に「キムさん」

韓国人には「キムさん」「パクさん」しか居ないと
思うほどに出会う人はこの二つの名前ばっかりだ
あと「イさん」も実に多い

聞くと韓国国内ではこの三つの名前だけで
50%以上を占めているらしい

韓国のこんなことわざを教えてくれた

’’ ソウルタワーの上からスプーンを投げたら
 キムさんかパクさんに当たるのは100%確実 ’’

韓国人もなかなか洒落が効いているではないか(笑)

話は物語へ戻り。。

キ部「タイ工場大変でしょう?」

俺 「バタバタはしてますが頑張ります」

キ部「リポート読んでるけど苦労が伝わってくるよ」

俺 「任せておいてください」

キ部「面接のときから頼もしいね(笑)」
  「パクMDとは上手くやってる?」

キム部長の言葉のニュアンスや顔つきで
タイ工場の理不尽MDはやっぱり韓国人の中でも
だいぶん変わった性格だってことを察知できた

俺 「上手くサポートできてると思うのですが。。」

キ部「だね。今までに採用した人は全員1、2ヶ月で
   逃げ出してるから、俺サンは大したもんだよ」

本社で俺の評価をこうしてくれているのが唯一の救い

俺 「朝からお迎えの準備やゴハンご馳走なりました」

キ部「おぉ。。俺サンは礼儀も正しいねぇ(笑)」
  「私が面談で見込んだだけのことはあるわ(笑)」

そして社長室へ案内される

タイ支社には無い「社長室」でキムさんを通訳に
パク社長とタイランドの市場調査的な質疑応答をした
※パク社長・・以下、社長

社長「そう言う状況ですか。。良くわかりました」

俺 「いえ、概略ばかりで申し訳ございません」

社長「パクMDのリポートよりかなり良いよ(笑)」

俺 「(笑)ありがとうございます」

社長「俺サンのレポートは全て目を通してます
   毎日ご苦労様です」

俺 「いえ、とんでもないです。仕事ですから」

社長「で、パクMDはどう?上手くやってる?」

俺 「はい。問題ないと思います(ある)

社長「フフ。。言わなくても分かるよ」
  「まあ問題はたくさんあるだろうな」

俺 「!?」

社長「あんなのでも一目置いてくれてるのは嬉しいね」
  「そこが俺サンの良いところだと思う」
  「とにかく今は俺サンに頑張ってもらうしかない」
  「あんな性格だけどMDを助けてやってくれ」

なんか社長の言葉に全てを救われたような気がする

一人で耐えて苦労しているように思っていたが
分かる人にはわかってもらえているのだ


それにしてもほぼ全員から「MDどう?」と聞かれるとは。。(苦笑)


ブログランキングに参加しましたので応援よろしくお願いします
ここには同じタイ関連の面白いブログがたくさんあります
ポチっと→
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
ポチっと→


第一話から読んでいただくにはこちら→
一話あたり一分も掛からず読めますので是非読んでみて下さい