もうご存じだろうが俺の居る会社は韓国企業

俺は本社で製作する部品チェックのため
今夜出発でトータル7日間の韓国出張が決まった

少し話を戻すと、駐在後の「日本、暗黒の4年間」に
2回ほど出張で韓国の取引先を訪問したことはあるが
タイから韓国へは初

しかも今回は取引先訪問ではなく本社への出張

働いてる会社の本社へ行くのが楽しみでもあったが
あの理不尽MDを生み出した大ボスの「超理不尽」が
本社内に居るのかも?と不安になったり。。


出発当日の昼、会社にて


MD「本社の皆には俺サンのこと言ってあるから」

俺 「段取りありがとうございます」

MD「それで、ハンドキャリーして欲しい物がある」

俺 「良いですよ。今、受け取れますか?」

MD「あぁ、工場横の倉庫にあるよ」

この出張時に「ハンドキャリーして」と言うことは
どこの企業でも良くあることとは思うが
さすがは理不尽MD、他社とはレベルが違った

瞬時に「会社の倉庫」と「MDの真顔」から
絶対普通ではないものだと察知はしていたが。。

案の定その通りだった

MD「これ、本社がどうしても必要だと言うんだ」

俺 「。。。(マジかよ)」

それは俺も何度も見ている生産に必要な部品だが
この部品。。デカい。。そして重いのだっ!

通常は輸出入するときは船を使って移動している部品

ちょうどスーツケースより一回り小さいくらいで
重さは約30kg(涙)

俺 「わかりました。。(わからない)

MD「これで輸送費削減できるな!ガハハハ(笑)」

俺 「そうですね(クソがッ)

MD「じゃあ、頼んだよ」

俺は帰宅後に前日準備していた衣類を
スーツケースから取り出しリュックへ移動
そして代わりにこのクソ重い製品を詰め
スワンナプーム空港へ向かった

コンド下でタクシーの運ちゃんがスーツケースを
トランクに入れようとした時、あまりの重さに
「ホントに?」みたいな顔をされてしまったが
正真正銘100%マジだ(苦笑)

超過分の罰金がいるな。。めんどくさいな。。と
タクシー内でずっと不安に思っていたのだが
カウンターでなぜかそのまま受け取ってくれたのが
不幸中の幸い


そして韓国・仁川(インチョン)国際空港へ向け飛び立った


ブログランキングに参加しましたので応援よろしくお願いします
ここには同じタイ関連の面白いブログがたくさんあります
ポチっと→
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
ポチっと→


第一話から読んでいただくにはこちら→
一話あたり一分も掛からず読めますので是非読んでみて下さい