歯が痛くなり『プロムジャイ歯科』に来た俺

先生は「今日同時に2本抜く」と高々に宣言

俺は正直ビビりまくっていた

1本の歯を治療するだけでも怖いのに2本同時?
しかも手術で両方の歯茎を切開し歯を取り除く?

日本では小さいころから何度も歯医者に行ったけど
通いながら徐々に治療していくもんじゃないのか?

俺 「先生。。来週も時間あるので1本ず。。」

先生「大丈夫。すぐ終わらせます」

最後の抵抗に出たが全く受け入れられなかった

横に居た助手の女のコも俺の観念しない姿に失笑だ

俺は半泣き状態のまま椅子を倒される

もう緊張で俺の唇はカッサカサ

先生「555 俺サン、リラックス、リラックス 555」

先生は俺の両肩に手をポンポンと置く

怖さで肩がイカリきっていたようだ(苦笑)

同時に助手の女のコになにやら目で合図した

すると助手の女のコは俺にヤードムを嗅がせ
唇に丁寧にワセリンを塗ってくれた
※ヤードム(皆さんご存じ有名なタイの嗅ぎ薬)

俺は麻酔を打たれた時点で堪忍した

ゴリゴリゴリッ。。

まず先生の言った、問題ないが抜歯した方が良い歯

なんとこれが何の痛みもなく1分足らずで抜けた

例の下の横向き虫歯親知らずは途中で割れたようで
先生も「ふんっ!ふんっ!」っとチカラを入れて
俺のアゴを容赦なくガンガンに押してきたが
全く痛みを感じなかった俺はその押される圧に
抵抗するよう押し返していた

手術前はビビりまくってたが今の俺カッコいい(笑)

トータルの感想としては来る前とは全くの予想外に
「早い」「上手い(美味い)」と歯医者の吉野家だ

一つだけ違うのはコスト

会計13,800THB也(40,000円オーバー)

保険が無いので100%だからこんなものか?

まぁ超絶テクニックだったので全てヨシ!

この設備とテクニックだけで言うと
日本(地元)VS タイ(バンコク)では
バンコクの完全勝利!勝負にもならない

ちなみに抜歯した2時間後は麻酔が切れ激痛(苦笑)

翌日会社でMDに「おたふく風邪?ガハハハ(笑)」と
笑われる。。


教訓:移住前には痛くなくても歯医者に行こう!


ブログランキングに参加しましたので応援よろしくお願いします
ここには同じタイ関連の面白いブログがたくさんあります
ポチっと→
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
ポチっと→


第一話から読んでいただくにはこちら→
一話あたり一分も掛からず読めますので是非読んでみて下さい