『ヤワラート』のとある金行

最終的に俺がプレゼントしたのは
1バーツの半分の半分の1サルンだ
(金の単位:1バーツ15g 約14,000THB ※当時)

「普段でも付けられるように」とビームが選んだ
細いけどキラキラ光る綺麗な金のブレスレッド

この状況がめつい女のコなら迷わず「1バーツ」を
選択するであろう

このビームの気遣い?ともいえる行動で
今後も彼女に対する恋愛感情が増すことになる

それをプレゼントで渡すとビームは泣いた

ビ「優しい日本人も居る。。

すっかりビームに惚れていたので考えたくなかったが
今一緒に居るのは毎日日本人のお客さんを相手にする
エ〇マッサージ嬢のビーム

ある時は乱暴にされたり、嫌な行為を強制させられ
断ると凄い文句を言う日本人も少なくないようだ

聞いた内容はなかなかハードで割愛させてもらうが
可哀そうになるほどで「風俗店」の見えない部分を
知った気持にもなった

思えばクワーンも同じようなことを言ってたな。。
※参照→

この仕事は本当に大変だと思う

会ったばかりの人とエッチするってどんな感じだ?

こちらも初めてとは言えビームには断る権利がない

どんな人が来たって身体の隅々までサービスしないと
次がなくなるので一生懸命に対応する

それなのに中には侮辱・軽蔑する人も居るのだ

こう言うことはあまり深く考えたことはなかったが
エ〇マッサージ嬢とは言え一人の女のコ

他の人も自分と同じような対応なんて思っていたら
それは完全な思い込み。。

ビームは日本人はこんなものと割り切っていたが
俺とデートして「日本人も優しい部分もあるんだな」
「もう少し頑張ってみよう」という気持ちになったと

皆さんももしマッサージに行ったときは
できるだけ優しく女のコに接して欲しいと切に願う

俺は今回ノーエッチ旅行+ゴールド出費になったが
日本人の印象を変えたかもしれないと褒めて欲しい


ナイスファイッ!俺!!



ブログランキングに参加しましたので応援よろしくお願いします
ここには同じタイ関連の面白いブログがたくさんあります
ポチっと→
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
ポチっと→


第一話から読んでいただくにはこちら→
一話あたり一分も掛からず読めますので是非読んでみて下さい