2003年5月。。。

俺達仲良し三人組に大きな変化が訪れた

それはI先輩の帰任

2年4ヶ月のタイ駐在を全うし本帰国。。が表向きだけど実はそうではなかった

なんとも中途半端な駐在期間と誰しも思うだろう

その「内実」な話は少し後にするとして、I先輩個人を紹介させて欲しい

I先輩とはここに書き切れていないエピソードが山ほどあり楽しませてくれた

公私ともにお腹を抱えて笑わせていただき、I先輩が一緒だったから
初期のバンコク生活が不安なく寂しくもなく馴染めたのは間違いない


まず『パッポン通り』ぼったくり事件で少しカッコいい面を書かしてもらったが
顔は有名人で言うとムロツヨシをショボくして更に2~3発ド突いたような感じ

まぁ、想像しやすいように書いただけで容姿のことを悪く言ってはいけない

I先輩は俺と同じくそんなに金がない。ただ違うのは単身赴任のため
俺よりも時間をもて遊ぶので夜の街には出るんだけど基本ケチケチ遊び

例えばゴーゴーでコーラ攻撃を受けた時に「自分で買って飲め」と言ったり
通ってるカラオケでオキニに何度も「ペイバーして」と言われているのに
「ずっとお前を大事にしたいから駄目だ」と丁寧にお断りを入れるが
「でも仕事が終わってからアパートに来るなら良いよ」と本末転倒

オカマちゃんのバーで「こいつはタダでHさせてくれるから最高なんよ!」
(下が改造済みかは不明)など貧乏遊びな上に性癖もよくわからない(笑)

俺達との雑談中に「もう金無いから夜遊び控えるわ」と言っていたのに
その日の夜の23時(平日)からこっそりオキニの居るカラオケに出かけ
それが同じアパートのメンバーに見つかっていまい、その時の言い訳が
「その娘は横に座っているだけで勃○するから良いの。すなわち別物!」
と、周りに居る俺らでさえ「???」となるほど支離滅裂(笑)

仕事では支給されたケータイ電話で日本の家族に連日国際電話をしているのが
会社に届いた電話会社からの請求書でバレた。総額約40,000 THB

もちろん会社は個人使用なので認めず、I先輩に支払い指示があったけど
それを給料天引き10ヶ月分割をタイ社長に悲願したことが本社にバレて
「恥をかかさんといてくれ!」部長から大目玉をくらう

あと、自分の部屋に積まれていた大量のフリーペーパーやゴルフ雑誌を
サービスアパートのメイドさんに「これまとめて捨てておいて」とお願いした
メイドさんも「ちょっと重いけどお金になるし」と思っただろう。。。
でもI先輩は「で、売った金をワイに頂戴」とメイドさんもドン引きさせ
言うことやること田舎のタイ人並み(以下)のハチャメチャぶり(笑)

さらには会社で開催された年末スポーツ大会のサッカーに参加して
数日後に足が痛み出し病院へ行ったところいsy・・・

と、ここに収まらない(笑)あと4~5話分を紹介だけに使ってしまいそう

公私ともにこんなんだから「エロマッサ・ユニフォーム事件」も
I先輩の仕業と思われているかもしれない(笑)
※参考 【第百五十四話】 猛省  ←コレでリンク飛べるのかな?

もう説明は必要ないでしょう。。ちょっと変わってるのだ